カテゴリ
  • TOP
  • 自然素材
  • 発電システム
  • 窓・サッシ
  • 最新住宅設備
  • リンク集
健康と環境に配慮したリフォームを

昨今、環境破壊問題がますます深刻になり、環境保全が叫ばれています。「エコ」という言葉を聞かない日はなく、 私たちの住まいにも「エコ」を取り入れることが一般的になりつつあります。最近では「エコリフォーム」が注目を集めていまが、 それではいったいエコリフォームとは一体どのようなリフォームなのでしょうか?

 

【PR】株式会社ホウスイ
屋上、壁面緑化等の企画、立案、設計、各種保水製品の開発・製造・販売。
 http://hosui.jp/
自然素材

自然素材のエコリフォームは健康に良いだけではありません。人工新建材を使ったリフォームと違って有害物質を発生させず、 シックハウスの原因を排除すると言うだけでなく、「年代の経過とともに趣を深くするエイジング」や 「漆喰や土壁のような呼吸する建材で快適な室内環境を作る」、そしてなんと言っても「光の反射が穏やかで、 上質感の高いインテリアになる」などの特徴があります。住めば住むほど味が出る、一度住めばきっと手ばなしたくない住宅になります。

発電・給湯

近年自然エネルギーと言われています。家庭で設置できる自家発電システムとして、太陽光発電の普及が進んでいますが、 意外とその価格や仕組みメリットについて、私たちは正しい知識が無いものです。 エコ・キュートやエネ・ファームはテレビCMでは耳にするけど、実際はどんなものかご存知ですか? このような機器の特徴を良く理解した上で、リフォームの際ぜひ有効に取り入れて行きたいですね。

窓・サッシ

省エネ効果が一番期待されるフォームが窓・サッシの取り替えです。夏場は外気熱の70%を窓から取り入れてしまい、 反対に冬は部屋の熱の約5割が窓などの開口部から逃げてしまうのです。こうした具体的な数値を見てしまうと、 どれだけ窓・サッシの開口部のりリフォームが節電対になり、ecoにつながるかは一目瞭然です。 平成22年5月には、窓の断熱性能を消費者にわかりやすく伝えるためにガイドラインの改正が告示され、平成23年4月より施行となりました。 断熱性能を表示する省エネ建材等級ラベルが既存の「窓・サッシ・ガラス」の三種類から、総合的に「窓」として表示されるようになりました。

【PR】アールギャラリーリフォーム
注文住宅クオリティのリフォーム。マンションリフォームも施工します。
愛知県名古屋市内に5店舗。お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-353-517(年中無休・24H対応)
http://www.arr-reform.com/
最新住宅設備

省エネ・節電と言われて、現在は結構省電力で便利な家電が増えてきました。リフォームする際、住宅設備の変更も考える方は結構いますね。 女性も社会進出で忙しくなり家事を助けてもらいたい、高齢化世帯で普段の生活に支障がある昨今、 この様な住宅設備を上手に使って快適な暮らしを手に入れたいものです。 家電製品を買い替える際はまず、「統一省エネラベル」をチェックしましょう。省エネ性能や年間の目安電気料金が一目で分かります。
 ※ 統一省エネラベルが表示される製品は、エアコン、電気冷蔵庫、テレビ、電気便座、蛍光灯器具です。

【PR】光工業
摩擦圧接という特殊分野において独自の技術開発部門を設け、高度な品質と技術の提供。
 http://www.hikari-kk.jp/